お知らせ

ロータリーデー開催のお知らせ

この度、大阪梅田ロータリークラブでは、ロータリーデーを下記日程で開催する事となりました。

今回のテーマは『老い』~在宅医療について考える~です。

開催日時 2023年3月18日(土)12:40~16:30
場所   ザ・リッツ・カールトン大阪4階 ボールルーム

「お問い合わせ・申し込み」大阪梅田RC事務局 TEL0663437792  メール umeda-rc@ace.ocn.ne.jp

お問合せフォーム

参加概要 ロータリアンのご家族・ご同伴者の方も参加いただけます。ご参加いただけるご家族ご同伴者の方の登録方法は、当日受付にてお名前とご紹介ロータリアンの方のご記入をお願いいたします。

ロータリアン以外の皆様は無料ご招待となります。 2660地区IM第1組以外ロータリアンの方は2,500円です。

高齢化社会から「超」高齢化社会の時代へ

日本は、団塊の世代のほとんどの方々が2年後に75歳を迎え、人口の2割が75歳以上となります。どんなにお金持ちでも、どんなに地位がある権力者でも、平等なのは「時間」と「命」と言われています。今いくら元気で健康に自信があっても時間の経過とともに老いは必ずやってきます。しっかり情報を入手して、しっかり準備することが大切です。

自分らしい暮らしを人生の最期まで続けられるように

厚生労働省は2年後の超高齢化社会に向け、地域包括ケアシステムを構築しています。昔のように病院に入院して最期を迎えるのではなく、高齢者の尊厳の保持と自立生活支援の目的のもとで、可能な限り住み慣れた地域・自宅で療養してくださいという仕組みです。これからの時代は在宅医療がメインになっていきます。

在宅での医療とはどのようなものなのか。知っておきたい内容となっております。当日皆様にお会いできるのを楽しみにしております。

講師・パネリストのご紹介

 

今回ご講演頂きます講師は長尾和宏先生です。長尾先生は執筆・映画制作・TV出演(「そこまで言って委員会」など)など多岐に渡るご活躍をされています。大人気講師の貴重な講演となります。

 

今回ご参加されますパネリスト1人目は岡山容子先生です。岡山先生は麻酔科医として手術麻酔、集中治療業務に従事し、その後ホスピスでの研修を経て在宅医療に転向され在宅医療のスペシャリストです。

パネリスト2人目は相原克偉先生です。大阪梅田ロータリークラブ会員に所属されています。

今回の講演司会はおはよう朝日に出演されていました伊藤様です。

 

TOP