モンゴルでのロータリアン活動についてのご報告

当クラブの相原会員より以下の活動報告がありました。
ロータリアンとして日々活発な活動を行っておられます。

職業奉仕活動

モンゴルのウランバートルの貧困地域にある第39番学校に職業奉仕に行ってまいりました。
当日は夏休みでしたが26人の子供達に対しての活動ができました。
職業が歯科医師ですので『歯ブラシ指導』がメインの活動です。
まずはお口の中のチェックからです。驚くことにほとんどの子供が約半分の歯が虫歯になっていました。
そのうち過去に歯科での治療経験のある子供は12人しかいませんでした。

そのあとはパワーポイントで虫歯のでき方と予防と歯磨きについて説明してから、1人2本の歯ブラシを配布して歯磨きの練習をしました。
予防の大切さを再認識いたしました。

国際奉仕活動

当クラブは2016〜2017年度に『視覚障害を持つ学生のための点字印刷システムの提供』を行いました。
プリンターを提供した116番学校へ現状を確認しに行きました。

この3年で500冊もの本を印刷し、子供たちの教育に非常に役立っているようでした。
プリンターも印字用紙も日本製ですので継続的にサポートしていく必要があると再認識いたしました。

国際交流活動

盲学校の点字プリンターを共同奉仕させていただいた第3450地区モンゴルのNIISLELロータリクラブの皆さん7人の方々とレストラン『ASIANA』にてモンゴル料理をいただき懇親を深めました。
同席していた第3300地区マレーシアのSRI PETALINGロータリークラブのMahandranさんともバナー交換し親睦を深めました。